<< あと…6日でお休み…! | Main | 雑記、いろいろ。 >>
「ときめきトゥナイト 真壁俊の事情」/池野恋
●名作『ときめきトゥナイト』で江藤蘭世が一途に想い続けた真壁俊。ちょっと不良な彼のあどけない子供時代、蘭世との本当の出逢い、そしてプロポーズでの秘話等、真壁俊の視点で見た隠れたエピソードが満載!! 全編描き下ろし。
【収録作品】あとがきエッセイ

⇒わが青春のときめきトゥナイト。真壁君の視点からの短編集ということで飛びつきました。
しかし、この方絵が変わらないですね。
記憶の中のときめきトゥナイトとなんら変わらない絵柄でした。
夢魔のセリのエピソードなんか、「そうそうあったよね」と凄く懐かしい思いに。
しかし、無口な真壁君も裏ではいろいろ考えていたんですね。
プロポーズのくだりは思わずその不器用っぷりに笑ってしまいました。

個人的には真壁母の母としての強さに感動。

……しかし、こんだけ懐かしさに浸っておきながら、こっそり真壁君より鈴世君派だったことは秘密秘密。

「星空のカラス Ν◆廖織皀螢┘汽肇
●烏丸和歌は囲碁が大好きな13歳! プロ棋士だった祖父から碁を教わり、年齢も性別も関係なく人とつながれる楽しさを知る。そんなある日、若手天才棋士の鷺坂総司に出会い、身も魂も削る対局に感銘を受けた和歌は自分もプロ棋士になる事を決意する! 2013年2月刊。
●少年少女囲碁大会の次なる相手は、和歌のかつての囲碁友達だった葉月。
その圧倒的な実力の前に窮地に追い込まれる和歌は…!?さらに対局が進むにつれ、葉月の和歌への想いが暴走をはじめる!?
果たして和歌は優勝することができるのか!!
2013年7月刊

 ⇒凄く癖のある作家さんですが、毎回何だか惹かれてしまう。
大人っぽく見えるけど、中学生…という子が主人公。中身もとってもほのぼのした子です。
相手役…と思わしき師匠は立派な大人。今のところ色気のある関係は全くないですが…。もし手を出したら……し、師匠、犯罪です…!(年齢差的に)
ともかく、囲碁少女がヒロインだけあって熱い!
(そしてヒーロー役は相変わらず目つき悪いv)
全然ルールを知らない私でも楽しめます。
巻で登場した不器用で、真っ黒黒なはーちゃんが好みなのですが、あ、あれ?当て馬にすらならない感じ…?囲碁に夢中な和歌は、はーちゃんの想いを、完全スルー状態で非常に憐れ…。彼の救いはどこにあるのでしょうか…(涙)
巻終了時点では、諸々の事情から囲碁を手放してしまった和歌ですが、次巻では再び碁石を握れるとよいなあ…!
熱いバトルに飢えています。
| 漫画感想 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK