<< カラオケ配信状況更新。 | Main | いろいろ突っ込みが追いつかない…! >>

「下天の華」 燭まだゆか
●伊賀の里のくのいち・ほたるは、依頼を受けて織田信長の居城・安土城へ潜入する。そこで待っていたのは、信長の腹心・明智光秀だった。ほたるは光秀の妹姫として正体を偽り城に滞在し、信長に害をなす者がいないか織田軍の内情を探ることに。信長をはじめ、羽柴秀吉、徳川家康など個性豊かな武将たちと縁を深めるほたる。しかし、正体がばれたらすべてが終わり…。密命に挑むほたるの運命は…!?
ネオロマンスシリーズ待
望の最新恋愛AVGを完コミカライズ!疑念と隣り合わせのデンジャラス・ラブ、ここに開幕!

⇒また「デンジャラス・ラブ」使いおった…!!(笑)
ということで、今日はネオロマのコミカライズ2作感想いきたいと思います。
とはいえ、こちら作者さんはあまりネオロマに詳しくないご様子。
「女性向け恋愛ゲエム※いろんなイケメンに出会えるゲーム」というご紹介が後書きにあり、ちょっと違和感を感じました…(^_^;)
うーん、ネオロマのイケメン…は純粋なイケメンじゃなく、個性派揃い(そんなとこが好きなのですけど)な印象があるので。
内容はアレですね。
攻略キャラの第一段階イベントを一話ごとにおこしていってる感じ。
ゲームにわりと忠実に、ギャグシーンも少しずつ織り交ぜながら話が進んでいます。
出番は信長<蘭丸=家康=信行<秀吉=光秀
こんな感じ。しかし…この出番の多さ…これは信長様ルート…な気がする。
ゲームよりももう少しほたるちゃんが幼く、感情表現が豊かな感じがします。
皆大好き・地蔵変化はまだこの巻でお披露目ならず。
なので、次回で登場するのかな?

「菩提樹寮のアリア〜金色のコルダシリーズ〜」ぁ晋睛撹
●東日本大会を突破し、全国大会に向けて練習を進めるかなで達星奏学院。ところが、因縁の冥加との過去が明らかになった直後、かなでが攫われてしまい
!? 大人気乙女ゲーム「金色のコルダ3」を漫画化!青春★音楽バトル、感動と完結の第4巻!

⇒おおおお、一気に恋愛イベント起きた…!(というのが正直な感想で)
その筆頭が冥加様。冥加との仲があまり進展していなにのに、氷渡のイベントがおき、そのままなし崩し的に色んなイベントが起きた印象。
それに少ないページ数で終わらせたためか、冴香様の内面が描かれないまま終わってしまいましたね…。あ、アランが…!アランが…!冴香様はアランのために頑張ったのに!(涙)
一応大地先輩が軽く事情は説明してくれたけど…。もうちょっとアラン成分欲しかった。
そして、冴香様がかなでちゃんの音楽で救われる場面もできれば欲しかったです…。あのままじゃ冴香様が救われないし、何より、そうじゃないとドレスがもらえない(笑)
あ、枝織ちゃんの美少女っぷりに磨きがかかっていたのがキュンときました!
トーン髪の子なのね、枝織ちゃん。どうしてコルダの妹ポジはこうも美少女ぞろいなんだ。

そんなわけで、新しい連載に向けて、4巻は「コルダ3ダイジェストで紹介しました!」っていう感じでした。
神南の実力はこんなものじゃないんですよ〜!!ううう、次作で頑張って、西の覇者!!!
最後。期待をもたせてコンクールの結果はアレでしたね…。
次作では律君念願のトロフィーを星奏に取り戻せますように!
そして授賞式で大人衛藤君の登場を求む!!

あ、おまけマンガのかなでちゃんの天然さにふいた。
イルカさえ見られればほいほいつられるんかい(笑)

| 漫画感想 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK